ムダ毛を抜くときの注意点って?自己処理トラブルについて!

ムダ毛は、カミソリで剃るのが一般的にポピュラーなムダ毛処理法ですが、カミソリでそるだけだと、ムダ毛を肌の表面でカットしているだけなので、結局すぐに伸びてきてしまいます。伸びてくると、チクチクとしてさわり心地もよくないですし、見た目にも黒いポツポツが目立ってきてしまいます。

自分でムダ毛処理をしているのに、黒いポツポツが目立つこともあります。それは、ムダ毛ではなくて、肌が炎症をおこして、表皮にポツポツができている状態です。自分でムダ毛処理をしている場合には、こういった自己処理トラブルがおこりがちです。肌に頻繁にカミソリをすべらせていると、肌の表皮までけずってしまい、バリア機能が壊されてしまうので、そこから水分が蒸発して乾燥肌になってしまいます。ですから、自己処理トラブルをまねかないためにも、いくつかの注意点をまもったうえで処理をしなければなりません。

カミソリを使う場合には、事前にジェルやクリームや泡などをはだの表面に着けておき、カミソリによる摩擦を最小限にしましょう。そして、処理後のおはだにも、たっぷりとローションを塗ることで保湿をして、水分の蒸発をふせぐことが大切です。

また、毛抜きや家庭用脱毛器で抜く場合にも、肌への負担を減らすように、保湿ケアはかかせません。肌に刺激を与え続けると、色素沈着も招いてしまいますので、自己処理トラブルを防ぐ注意点をまもったうえで、やさしく処理をするようにしましょう。

Posted in 脱毛 by investure at 9月 10th, 2014.

Leave a Reply