永久脱毛ってそもそも何?どういうものを指して言ってるの?

女子のなら誰でも気にしてしまうのがムダ毛です。身体のどこでも生えてきてしまうし、足や腕・ワキなどは特に気にしてしまう部分ではないでしょうか。一時的に処理する方法として、かみそりで剃ったり、脱毛クリームや毛抜きを使った脱毛方法があります。ムダ毛はすぐに伸びてしまうため、この方法だと自己処理による脱毛は延々と続くことになります。

ムダ毛と自己処理をしなくてもよくなる方法として、永久脱毛があります。

永久脱毛は脱毛の種類があり、その内容も違います。一般的に良く耳にする方法がレーザー脱毛です。レーザー脱毛は肌にレーザーを当てて毛の元に直接働きかけ、傷みがほとんどないので多くの女性に人気の永久脱毛です。しかしここで知っておきたいことは、永久脱毛とは処理施術した部分の毛がすべてなくなるということではなく、比較的大きな毛根に対応するので、産毛などの毛根が小さい毛には対応しきれません。

ですから産毛などの毛根の小さな毛は完全に処理できない場合があります。レーザー脱毛と同じような内容で、フラッシュ脱毛もあります。こちらも傷みがなく短時間で処理することができるので、人気の永久脱毛です。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が主流になる前は、ニードル脱毛方法が多く使われていました。この内容は毛穴に直接針のようなものを差し込み、電流を流して毛根を壊していくのです。毛穴の一つ一つに電流を流すので、とても時間がかかり、なおかつとても痛みを伴います。ですがメリットもあって、毛穴があれば処理できるので、産毛などのキレイに処理することが可能になります。

Posted in 脱毛 by investure at 9月 10th, 2014.

Leave a Reply